読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XcodeでiOSアプリの実行時に任意のコードを挿入する

よりアップデートしたツールを作りました

http://addsict.hatenablog.com/entry/2014/02/21/214500

-----------------------------------------------------------------------------

XcodeiOSアプリのデバッグ中に、

「あのコードを追加するの忘れてた!」
「ここに変数のインクリメントが必要だ!」

など、実行後に必要なコードが足りてないことに気付くことありませんか?

そこで、アプリの実行時に任意のObjective-Cコードを実行バイナリに擬似的に追加できるツールを作りました。

addsict/iOSRuntimePreview

iOS Runtime Preview from Yuuki Furuyama on Vimeo.

使い方

  1. ツールをダウンロードします。

    $ git clone https://github.com/addsict/inscode.git

  2. XcodeiOSアプリを実行します。シミュレータでも実機でもokです。

    img1

  3. 任意のタイミングでデバッグエリアのポーズボタンを押して実行を一時停止します。

    img2

  4. 本ツールのスクリプトinscode.pyデバッグエリアからLLDBのセッションにロードします。これで準備完了です。

    img3

  5. inscodeコマンドをデバッグエリアで実行し、挿入したいコードを指定します。挿入されたコードはすぐに有効になります。

    コマンドのフォーマット:
    inscode <ファイル名>:<行番号> '<挿入したいObjective-Cコード>'

    img4

このツールはアプリ自体にプラグインとして組み込む必要がないので、手軽に使えると思います。 是非試してみてください。